女性

クリームで消せる時代が到来|妊娠線に悩まない

まつ毛を育毛する時代

マスカラをつける婦人

まつ毛美容液は、日頃のメイクで傷んで抜け落ちやすくなったまつ毛にハリとコシを与え、強くしなやかなまつ毛に導くための新時代のコスメです。ですが、皮膚の薄い目の付近に使うものなので、適量と使い方を守り、安全に使用するようにしましょう。

読んでみよう

忙しい女性の味方です

化粧品と手

オールインワンゲルは、化粧水や美容液、乳液などの役割を1つにまとめた化粧品です。段階を踏んで行わなければならない肌ケアを、短時間でできるため忙しい女性にうれしい製品となっています。オールインワンゲルには様々な種類があるため、自分の肌質に適したものを選ぶ必要があります。

読んでみよう

妊娠すると気になるもの

お腹

皮膚が裂けた状態

妊娠をするとお腹の中の子どものことが一番に気になることですが、お腹が大きくなるにつれて出来やすくなると言われる妊娠線も気になることの一つです。妊娠線は急に大きくなるお腹に皮膚の伸びがついていけず、皮膚が裂けてしまい裂けた所の下にある毛細血管が透けて赤紫色に見える状態になっているものです。妊娠線が出来る場所や量、その広さなどは個人によって違います。お腹の中心に一本の線のように出来る場合もあれば、お腹全体にできてスイカの模様のようになってしまうこともあります。妊娠線はお腹だけでなく、皮膚が引っ張られることが影響して足などのお腹ではない場所にもできてしまうこともあります。妊娠しお腹の中で子どもを育てた勲章の一つではありますが、やはり妊娠や出産を終えた後にもおしゃれを楽しみたいのが女性なので、できないように予防することは大切です。

予防するために

妊娠線は出産を終えてしばらくすると目立たないようになりますが、よくみるとその跡は分かってしまうものです。妊娠線を予防するためには、クリームなどを塗り皮膚に潤いを持たせ弾力を与えておくことが必要です。市販のボディークリームでも対応できますが、専用のクリームの方がより潤いや弾力を与えることが出来ます。お腹が大きくなってからクリームなどを塗れば良いと考えている方もいますが、お腹が大きくなる前から日常的に塗り大きくなる前に潤いや弾力を与えておくことが予防につながります。また、クリームを塗るという予防の他に妊娠中に体重を増やしすぎないというのも大切です。妊娠中は脂肪がつきやすくなっていますが、体重が増えるだけ皮膚は伸びなければならなくなります。妊娠線の予防のためにも体重の増えすぎには気をつける必要があります。

エイジングケアのコスメ

中年女性

年齢を重ねるにつれて肌の状態も変化していきます。若々しいハリのある肌を保つためにもアンチエイジングに効果が期待できる化粧品も市販されており、種類も豊富なのでエイジングケアのために利用している人々も数多く存在しています。

読んでみよう